国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪のマラソン会場を札幌市に移す案を発表したことに対し、反発してきた小池百合子・東京都知事が窮地に追い込まれた。IOC幹部は札幌移転を「最終結論」と断言したが、小池知事は引き続き東京開催を訴えると表明した。だが、打開策を見いだすのは容易ではない。

 「都民の声をしっかり受け止めていきたい」

 小池知事は25日夜、報道陣を前に、IOCに東京開催を求め続けていく姿勢を示した。この日午後、小池知事はIOCのジョン・コーツ調整委員長と会談。終了後、コーツ氏は報道陣に「既に意思決定はされた。IOCは決定権限を持つ主体だ」と述べ、札幌開催は「最終結論」と強調した。