ノルディックスキー・ジャンプの全日本選手権は27日、NHK杯を兼ねて札幌・大倉山ジャンプ競技場(HS137メートル)で男子ラージヒルがあり、昨季、日本男子初のワールドカップ(W杯)総合優勝を果たした小林陵侑(土屋ホーム)が133メートル、135・5メートルを飛び、273・5点で初優勝を飾った。全日本選手権でラージヒルがない女子のNHK杯では、高梨沙羅(クラレ)が2回目にジャンプ台記録の131メートルを飛び、227・2点で3大会ぶり4度目の優勝。

 全日本スキー連盟は今季のW杯序盤の派遣選手を発表し、小林、高梨のほか、47歳の葛西紀明(土屋ホーム)らが選ばれた。