第72回全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)=朝日新聞社など主催=の県予選(県バスケットボール協会など主催)の決勝が27日、青森県三沢市の市国際交流スポーツセンターで行われ、男女ともに八戸学院光星が優勝を決めた。女子は2年ぶり2回目、男子は2年ぶり3回目。両チームは東京都で12月23日から開かれる全国大会に出場する。

 女子決勝では八戸学院光星が柴田学園との接戦を制し、59-58で勝利。2点をリードされて迎えた第4クオーター(Q)開始直後に田高(3年)が左から切り込んで追いつき、その後も点の取り合いを制して競り勝った。

 小野寺実監督は「鍛えてきたマンツーマンディフェンスでよく粘った」。吉田華主将(3年)は「その場でやるべきこと一つ一つを積み重ねたから勝てた」と笑顔を見せた。