米プロバスケットNBAウィザーズの八村塁(21)は26日(日本時間27日)、敵地サンアントニオであったスパーズ戦に3試合連続で先発し、試合開始早々にNBAで初ダンクを決めるなど16得点を挙げる活躍を見せた。八村は2桁得点は3試合連続で、得点以外にも8リバウンド3アシストを記録。試合は、ウィザーズが122―124で敗れた。

 ウィザーズの次戦は30日(日本時間31日)、ホームでの開幕戦でロケッツと対戦する。(サンアントニオ=河野正樹)