写真:松澤帆乃果と竹本朋世(淑徳大)/撮影:ラリーズ編集部

<第86回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部) 2019年10月25日(木)~10月27日 (日)>

25日、全日本大学総合卓球選手権大会(以下、全日学)が開幕した。この日は、男女ダブルス準々決勝までが終了し、ベスト4が出揃った。また、男女シングルスの1回戦も行われた。

男子ダブルスでは、前年度王者で第1シードの硴塚将人/緒方遼太郎(早稲田大学)ペアが準々決勝で宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)ペアに敗れた。また、2019年度全日本選手権男子ダブルス準優勝の松山祐季/高見真己(愛知工業大)も3回戦で敗れるなど、優勝候補が続々と姿を消していった。

女子ダブルスでも、第1シードの岩越帆香/笹尾明日香(早稲田大)ペアが3回戦で中澤紬/青木千佳(中央大)ペアに敗れ、Tリーガーの森田彩音/梅村優香(中央大)ペアも2回戦で城間春香/坂元睦月(福岡大)ペアに敗れる波乱が起こった。

初日から多くのドラマが生まれた全日学。ここからは、2日目の見どころを紹介していく。

男子ダブルス見どころ




写真:龍崎東寅と沼村斉弥(明治大)/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス準決勝

宮本春樹/田原彰悟(愛知工業大)vs 木造勇人/田中佑汰(愛知工業大)
浅津碧利/小野寺翔平(中央大)vs 龍崎東寅/沼村斉弥(明治大)

男子ダブルスでは、宮本/田原ペアと木造/田中ペアの愛工大対決は注目だ。この4人は全員愛工大名電高校出身と、長年苦楽を共にしてきたメンバーでもある。それだけに、お互いの特徴は知りつくしているだろう。手に汗握る、熱い試合を見せてくれるに違いない。

もう片方の浅津/小野寺 vs 龍崎/沼村のカードも忘れてはならない。1年生ペアながら、思いきりのいい卓球で快進撃を続ける浅津/小野寺ペアを龍崎/沼村ペアが迎え撃つ。

女子ダブルス見どころ




写真:鎌田那美と金子碧衣(早稲田大)/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス準決勝

枝松亜美/木村香純(専修大)vs 鎌田那美/金子碧衣(早稲田大)
松澤帆乃果/竹本朋世(淑徳大)vs 熊中理子/三條裕紀(青山学院大)

注目は淑徳大の松澤/竹本ペアだ。ノーシードからシード選手を次々と倒して勝ち上がってきた、まさにダークホースといえる。

松澤と竹本は2人とも高知の明徳義塾高校出身の4年生で関東学生リーグでも何度も勝利をつかんできた。対戦相手の青山学院大・熊中/三條ペアは、今年の関東学生秋季リーグ優勝の原動力となった実力者で、相手にとって不足はない。最後の全日学で大輪の花を咲かせられるか。

早稲田大の鎌田/金子ペアも4年生ダブルスで勝ち進んできた。対する枝松/木村ペアは、専修大学のエースダブルス。どちらのペアが勝ち進むのかにも注目だ。

男女とも、明日はダブルスの決勝も行われる。ここまでくればどのペアが優勝してもおかしくはない。令和最初の全日学王者の称号を勝ち取るのは、果たして。

また、明日は男女シングルスの2回戦以降も行われる。1日目に出場しなかったシード選手も参戦し、本格的にトーナメントが始まる。熱戦必至の全日学、大学生プレーヤーの戦いぶりに注目だ。

文:ラリーズ編集部