フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダは25日(日本時間26日)、カナダ・ケロウナで開幕した。女子ショートプログラム(SP)があり、GPファイナル2連覇を狙う紀平梨花(関大ク)が81・35点で首位に立った。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを決めるなど全てのジャンプを成功させ、スピン、ステップでも最高のレベル4を獲得した。紀平は「質の良いジャンプが跳べたけど、思ったより緊張感が出た」と演技を振り返った。