大相撲の呼び出しの最高位である立(たて)呼び出しの拓郎(63)=春日野部屋=が後輩の呼び出しに暴力を振るった問題で、日本相撲協会は25日に理事会を開き、「出場停止2場所」の処分を決めた。その上で、すでに本人から提出されていた退職願を受理した。呼び出しが暴力で処分を受けたのは初。拓郎の退職で立呼び出しは不在となる。

 協会によると、拓郎は8日午前7時ごろ、新潟県糸魚川市の巡業会場で、客席で食事をしていた序二段呼び出しに「こんなところで食事をするな。お客さんが座るところだろ」と注意し、拳で頭を1回殴った。近くにいた幕下呼び出しにも「お前、兄弟子なんだから、ちゃんと見てやらんかい」と言いながら背中を1回たたいた。2人にけがはなかった。

 拓郎は問題発覚後の15日に退職願を提出し、協会の預かりとなっていた。協会によると、この日の理事会で、本人は「ご迷惑をおかけして申し訳ない」と謝罪したという。また、理事会の出席者から「指導の中(の行為)で気の毒だ」という同情の声も出たというが、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「呼び出しの一番上がそういう指導を行ったことは非常に重い」と処分に踏み切った理由を説明した。

 呼び出しは、土俵上で力士を呼び出すのが主な仕事。拓郎は1975年に協会に採用され、2015年九州場所前に結びの一番を務める立呼び出しに昇進していた。