12月22日に京都市で開催される全国高校駅伝競走大会の県予選会が24日、猪苗代町であり、男女とも学法石川が優勝した。男子(7区間、42・195キロ)は2時間5分6秒の大会新記録で9年連続11回目、女子(5区間、21・0975キロ)は1時間13分48秒で4年連続6回目の優勝。昨年に続き、男女12人全員が区間賞だった。

 その他の上位の成績は、次の通り。

 【男子】(2)田村2時間13分20秒 (3)日大東北2時間17分36秒

 【女子】(2)田村1時間16分7秒 (3)日大東北1時間18分7秒(飯島啓史)