ラグビーのワールドカップ(W杯)の1次リーグ最終戦で、日本がスコットランドを破り、初の決勝トーナメント選出を決めたことを受け、スコットランドや次の対戦相手となる南アフリカなどから称賛の声が上がった。

 スコットランドでは、落胆と日本への称賛が入り交じった。英BBCでは、スコットランドのスポーツ担当記者が試合の行われた横浜から文字中継。日本の戦いぶりを「機敏さを伴った正確性は驚くべきものだった。スコットランドが犯したどんなミスもすべて食い尽くした。日本は容赦なく、そして見事だった」と総括した。

 英紙ガーディアンは「日本ほどラグビーW杯に火をつけたチームはない。スポーツ全体にとって、また一つ感動的な結果が生まれた」と日本をたたえた。

 元スコットランド代表のピーター・ライトさんはBBCのラジオで「我々は不平は言えない。準々決勝に進めるほどうまくなかった。(A組は)タフなグループだと分かっていた。スコットランドチームには深い自己分析が必要だ」とコメントした。