第72回秋季道高校野球大会(道高野連など主催)は12日、札幌円山球場で準決勝2試合があり、札幌日大と白樺学園が決勝進出を決めた。来春の選抜大会出場を目指しての決勝は、13日に札幌円山球場で行われる。(前田健汰)

 ◎…札幌日大は初回に打線がつながり、打者一巡の猛攻で5点を先制。五回にも再び打者一巡で5点を追加した。投げては小林がほぼ毎回走者を背負ったが、粘りの投球でコールド勝ちを決めた。帯広農は三回に満塁の好機を作り1点を返すも、後続が併殺に倒れた。

 ◎…白樺学園は2点を追う三回、川波の本塁打で1点差に詰め寄ると、四回には佐々木の適時打で同点、細谷の2点適時二塁打で逆転した。その後も攻め続け、長打7本を放ちコールド勝ち。札幌龍谷は単打をつなぎ先制したが、白樺学園の小刻みな継投を打ち崩せなかった。