【京都10R・ヴァンドギャルド】さすが重賞で2度の3着がある実力馬。1勝クラスの前走は楽勝だった。ただ、レースを迎えるまでにうるさい面を見せるなど、気難しい面は相変わらず。実戦に影響しなかったのは春と違う点だが、2走目になると、さらにテンションが高くなる不安もある。

 【京都11R・クロノジェネシス】馬券圏内率は〈3・1・2・0〉と100%。桜花賞とオークスの3着に、阪神JF2着とG1でも〈0・1・2・0〉の好成績だが、休養明けの今回は追い切りの動きがひと息。本来なら突き抜けるはずが、1勝クラスの馬に手を焼き、春の俊敏な動きは見られなかった。メンバーのそろうG1で、5カ月ぶりのぶっつけ本番は楽ではない。