京都11R太秦S・馬トク激走馬=ナムラミラクル

 前走は追い込みづらい新潟1800メートル戦を考慮し意識的に早めの競馬。4角3番手から直線伸び切れず5着に敗れたが、走る気にあふれ、明確な復調を感じさせた一戦だった。

 昨年、重賞初挑戦となった武蔵野S(3着)でも3番人気に推された能力。その時以来のルメール騎乗で2番手追走からゴール直前まで粘りに粘った脚は感触として残っているはず。2度叩いて調子も順当に上向いており、今回大外枠からの先行策が決まれば、当然争覇圏に加わってくる。