<セ・CSファイナルステージ:巨人6-7阪神>◇第3戦◇11日◇東京ドーム

阪神が、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦を制した。6-6で迎えた9回、大山悠輔内野手(24)が値千金の勝ち越しソロ。2イニング登板の藤川で逃げ切った。負ければ今季終戦の土俵際で、4時間ゲームの末に巨人から1勝をもぎ取り、日本シリーズ進出へ望みをつないだ。

希望をつなげる一打が、右中間席に飛び込んだ。大山は「入ってくれと思って、走っていました」。少しだけ頬を緩ませると、チームメートの待つ一塁側ベンチへ。監督、選手に迎えられ、もみくちゃになりながら祝福を受けた。

劇的な1発だった。同点で迎えた9回先頭。時刻は午後10時を回り、鳴り物の応援はなくなった。巨人中川の4球目。外角から真ん中低めに入ってきた128キロスライダーを捉えた。押っつけて押し出した放物線は、何とかスタンドまで届いた。チームの窮地を土壇場で救った。

「自分自身、流れに乗り切れてないところはあった。けど、そんなのは関係なく、打席に入ったら自分のスイングをしようと。その結果、ホームランになったので本当によかったです」

CS男が苦しんだ。ポストシーズンは新人の17年に続く2度目の出場。当時は3試合に先発し、13打数7安打(1本塁打)4打点、打率5割3分8厘をマークした。しかし、2度目の今季は不振。ファーストステージは7打数1安打。ファイナルステージ第1戦でも3打数無安打。第2戦は出場すらなかった。

8日、東京ドームで行われた指名投手練習に休日返上で参加。ロングティーなどで調整を行った。出場機会がなかった前日10日のナイター後も宿舎に帰り、1人素振りに精を出し、結果につなげた。

「負けたら終わり。1試合、1試合しっかり戦っていきたい。諦めることはないので、最後まで頑張ります」。望みは13日へつながった。まだ、終わらせない。【奥田隼人】