◆男子プロバスケットボールB1リーグ 北海道75-71島根(11日・北海きたえーる)

 レバンガ北海道は島根を75-71で下し、初の開幕3連勝を飾り、東地区暫定首位となった。立ち上がりから橋本竜馬(31)、松島良豪(27)ツーガードを中心にプレッシャーディフェンスで相手ボールを奪取、速攻につなげた。第3Qは、スチールからSFマーキース・カミングス(30)、PFマーク・トラソリーニ(29)両エースが連続得点しリード。最終Qには追い上げられたが、23得点したカミングスや、橋本の活躍などで突き放した。

 元日本代表PG橋本の加入で“戦う集団”に生まれ変わった。その新司令塔が掲げたキーワードは「ディフェンス強度の維持」。9得点、3アシスト、3スチールでMVPに選ばれ「今後も1分、1秒を大切に戦い、皆さんに愛されるチームになりたい」と開幕4連勝を誓った。(小林 聖孝)