◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第3戦 巨人6―7阪神(11日・東京ドーム)

 日本シリーズ進出に王手をかけている巨人は、阪神に1点差で敗れ、対戦成績が3勝1敗(アドバンテージの1勝含む)となった。1点を追う3回に岡本の2点二塁打で逆転し、阿部もCS初打点をマーク。しかし5回、一挙5点を失って逆転された。その裏、岡本の中越え2ランで追い付いたが、9回、中川が大山に決勝ソロを浴びた。台風19号の影響で、第4戦は12日には行わず、13日に順延となっている。

 試合後の岡本に、いつもの明るい表情はなかった。次戦を見据え、真っすぐと先を見つめた。「負けたら意味がないので」。何度もチームを救う一打を放った。試合には敗れたが、3戦連続マルチ安打となる猛打賞4打点の大活躍でチームを引っ張った。

 絶好調男を象徴するアーチは2点ビハインドの5回無死一塁。ドリスから同点2ランを放った。地鳴りのような大歓声に乗った打球はG党が待つバックスクリーン左へと吸い込まれた。「つなごうと思って打席に入りましたが、最高の結果になってくれました」と振り返った。

 口火を切ったのも4番だった。1点を追う3回1死満塁。岡本の振り抜いた打球はバックスクリーン左に飛び込んだ…かと思われたがフェンス最上部に当たり、跳ね返った。岡本は二塁ベースで制止。球場がどよめきに包まれる中、審判団が本塁打かどうかをリプレー検証し、結果は二塁打のまま。一時逆転となる2点適時打となり、塁上の背番号25は時間差で右拳を突き上げ、ガッツポーズ。「犠牲フライでもいいと思っていたので、最高の結果になったと思います」とうなずいた。

 基本に忠実に―。CSに臨む前に自身の中で固い信念を植え付けた。「自分が狙ってる球、甘い球とかをしっかり追いかけていって、その中でもボール球を見逃したら相手も嫌だと思う」。言葉通り、初回には11球粘って四球で出塁。3回の一打も、5回の一発も甘く来た球を一撃で仕留めた。

 これでCS3試合を終え12打数7安打、打率5割8分3厘、2本塁打、6打点。昨季はCS5試合で18打数1安打1打点とふるわなかった“逆CS男”を返上する活躍で、MVP最有力だ。13日の第4戦で、MVPも、CS突破も両方決める。(小林 圭太)