第145回九州地区高校野球大会(九州地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の組み合わせ抽選会が11日、開催地の佐賀市であった。宮崎日大は開幕戦で鹿児島実と、県大会を制した富島は2日目に城北(熊本)と戦う。

 九州大会の戦いぶりは来春の選抜大会の選考材料となる。夏春連続の甲子園を狙う富島は、夏に甲子園のマウンドを経験したエース富井を中心にまとまりを見せる。宮崎日大はエース谷本、岩崎、古谷の3右腕が相手打線をいかに封じ込めるかにかかる。決勝は24日の予定。(菊地洋行)