「セCSファイナルS・第3戦、巨人6-7阪神」(11日、東京ドーム)

 巨人が阪神の執念に屈した。接戦を落とし、アドバンテージを含めて3勝1敗。一気に日本シリーズ進出を決めることはできなかった。

 本拠地に重いため息が響いた。九回、無死。6番手の中川が大山に右翼席へ痛恨のソロ被弾。これが決勝点となった。

 この日も王者の力は示した。三回に岡本の2点二塁打、阿部の適時打で逆転。再び追う展開となった五回には岡本が2号2ランを放ち、同点に追いついた。岡本は4打点の大暴れだった。

 誤算は投手陣。6投手で9四死球。制球が定まらず、阪神に付け入る隙を与えてしまった。