「パCSファイナルS・第3戦、西武0-7ソフトバンク」(11日、メットライフドーム)

 ソフトバンクのエース・千賀滉太投手が8回を2安打10奪三振、無失点の好投で、3年連続日本シリーズ出場に王手をかける勝利をたぐり寄せた。

 初回に先制点をもらったエースは先頭の秋山に右前打を許したものの無失点に切り抜けると二回から八回2死まで無安打投球。源田に一塁内野安打を許したものの八回までほぼ完璧な投球を見せた。

 楽天と戦った5日のCSファーストS第1戦で開幕投手を務めながら4本塁打を浴び7回4失点で敗戦投手となった。「モイネロと森唯斗を休める、それだけでマウンドに上がりました」と、救援陣を休ませようというエースの責任感で結果を出した。

 強力打線で連覇を達成した西武を相手に見事な投球。「一瞬でも気を抜いたらやられるチームなので、それぐらい怖いチームなので集中して入りました。たくさん援護ももらえましたし、テンポよく投げることができたと思います」と振り返った。

 昨年に続き“下克上”での日本シリーズ進出に王手をかけた。「あと1勝できるように頑張ります。僕は応援します」と、一気に日本シリーズ進出を決めることを願っていた。