「パCSファイナルS・第3戦、西武0-7ソフトバンク」(11日、メットライフドーム)

 ペナントレース2位のソフトバンクが王者の西武を投打で圧倒。完封勝ちで3連勝、アドバンテージを含め3勝1敗とし、3年連続日本シリーズ出場に王手をかけた。

 ソフトバンクは初回、2死一、二塁から5番・中村晃が中前適時打を放ち先制。3戦連続で初回に先制点を奪い主導権を握った。

 二回にも1死二、三塁から牧原が右翼線に2点適時二塁打。四回には同じく牧原が右中間席へCS初アーチの2ランで加点した。九回には途中出場の福田の2点二塁打でダメを押した。

 先発の千賀は強力西武打線に対し、8回2安打無失点の好投で勝利を引き寄せた。九回は高橋純が締めた。

 西武は先発・十亀が4回5失点で降板。自慢の打線も2安打と振るわなかった。

 ソフトバンクが日本シリーズに出れば2年連続での“下克上”となる。12日は台風19号の影響で試合がなく、13日に第4戦が行われる。