「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 阪神が、逆転に成功した直後に同点とされた。

 五回に一挙5点を奪い、逃げ切りを図りたい猛虎。しかし、強力巨人打線は甘くない。五回からマウンドに上がったドリスが、先頭の丸に四球を与えて無死一塁。ここで4番・岡本に1ボールからの2球目、真ん中に入ったツーシームを完璧にはじき返され、中越えへの同点2ラン。一振りで試合を振りだしに戻された。

 続く阿部に右前打、沢村の犠打で1死二塁と、勝ち越しのピンチを迎えたドリス。球場の雰囲気は一気に一塁側へと傾いたが、7番・田中俊を空振り三振に斬り、炭谷を遊ゴロに打ち取った。試合は前半五回を終えて6-6の同点。阪神は三回から3イニング連続で失点している展開。試合を落ち着かせるためにも、無失点のイニングを作りたい。