「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 巨人・岡本和真内野手が、超特大の同点2ランを放った。

 逆転を許した直後の五回、無死一塁。ドリスから中堅左へ、打った瞬間にそれと分かる一発を運んだ。

 三回の打席では満塁の場面で中堅フェンス最上部に直撃する2点二塁打。あとわずかで満塁弾を逃したが、今度は文句なしのアーチを描いた。

 岡本は「つなごうと思って打席に入りましたが、最高の結果になってくれましたね!」とコメントした。