「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 早めの継投に入った阪神が、巨人に逆転を許した。先発の青柳晃洋投手は2回1/3で降板。2番手ガルシアも巨人の勢いを止めることはできなかった。

 中4日で先発した青柳は初回、2死から連続四球でピンチを迎えたが、5番・阿部を一ゴロに仕留めて立ち上がりを無失点でしのいだ。

 二回も無失点だったが、三回は先頭の代打・若林に死球。続く亀井に右前打でつながれ、無死一、二塁のピンチを招いた。ここで坂本勇を投ゴロに仕留めて1死一、三塁となったところで矢野監督が交代を告げた。

 後を受けたガルシアは、丸に四球を与えて1死満塁。続く岡本にセンター左のフェンス直撃、あわや本塁打という痛烈な打球を浴びて、2人の走者が生還し逆転を許した。岡本の打球に巨人ベンチは本塁打をアピール。だが審判団がリプレー検証した結果、打球はフェンス直撃と判定され、1死二、三塁で試合が再開された。

 球場全体がざわめく中、ガルシアは5番・阿部に右前適時打を許して3点目を献上。梅野のCS初本塁打で先制した猛虎だが、直後に逆転を許す展開となってしまった。