「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 巨人・岡本和真内野手が、逆転の2点二塁打となった。

 1点を追う三回、1死満塁。フルカウントからガルシアの内角低めをすくい上げた打球は中堅左へ。打球はフェンス最上部に当たり、適時二塁打となった。あと20センチで満塁弾という打球。リプレー検証の末、判定通り二塁打で再開となった。

 2者が生還。三塁走者の丸が三本間に挟まれたが、セーフとなり、好機は継続となった。

 次打者の阿部は前進守備の一、二塁間を破る右前適時打。リードを広げた。