◆2019 パーソル クライマックスシリーズ・パ 最終ステージ第3戦 西武―ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 3試合連続でソフトバンクが先手を取った。初回2死一、三塁から中村晃外野手(29)が西武の先発・十亀の142キロ直球を中前へはじき返し、二塁走者の牧原をホームへ迎え入れた。

 2試合連続で先制点をたたきだした中村晃は「前の人たちが作ってくれたチャンスだったので(走者を)返せて良かった。今日も先制できて良かったです」としてやったりの表情。

 第2打席でも1死から右越えの二塁打を放ってチャンスメイク。早々に2試合連続マルチ安打を達成した。