「セCSファイナルS・第3戦、巨人-阪神」(11日、東京ドーム)

 巨人・坂本勇人内野手が、左翼上方の天井を直撃する左飛。場内がどよめいた。

 一回、1死。青柳の内角球を振り抜いた打球が高々と舞い上がり、打球の角度が変わって左翼手・福留が慌てて前進。何とかキャッチし、2死となった。

 原監督がベンチを出て球審に確認したが、すぐに試合再開となった。