ソフトバンク・王貞治会長(79)が11日、高谷裕亮捕手(37)を気遣った。10日の西武戦(メットライフ)の4回、メヒアのファウルフライを追いかけた際、球場内にある棚に激突。右あご下から流血して負傷交代し、6針を縫った。

 この日は普段通りの試合前練習メニューをこなしたが、練習後にはベンチ裏で、王会長が出迎え。「夜は眠れたか?」の問いかけに「大丈夫です」と返答した。「負傷した翌日なので、動くと響く感じはあるが、プレーはできる」と問題なしだと強調した。