◆第15回大阪阪南1年生親善大会 ◇中学1年生の部▽2回戦 大阪南海ボーイズ8―0和歌山ボーイズ=4回コールド(5、6日・浜寺公園No.1野球場ほか)

 「第15回大阪阪南1年生親善大会」が5日開幕。ホストを務める大阪南海ボーイズは打線が爆発し4回コールド勝ちした。

 大阪南海打線が初戦から爆発した。初回、先頭の廣井が「しっかりミートすることを心掛けた」といきなり右翼へ二塁打。相手ミスなどで先制のホームを踏み、ベンチを勢いづかせた。なおも1死二、三塁で、今度は山出が「みんながつくってくれた好機を生かしたかった」と中堅へ2点打。その5番打者は本盗も決め、4点目を挙げた。

 2回も打線の勢いは止まらない。豊田、馬場、廣井、藤本、野口が5者連続で長短打を放ち4得点。2点三塁打の藤本は投げても、3回を無安打無失点と好投し「直球にカーブとチェンジアップを交えた。みんなが打ってくれたので、投球に集中できた」と笑み。2番手・山出も続き“ノーノーリレー”で締めた。

 4回コールド勝ちと最高の滑り出し。野口主将は「全員声が出て盛り上がっている。練習を頑張ってきたので、一戦一戦勝っていく」とホスト優勝を見据えた。