「パCSファイナルS・第3戦、西武-ソフトバンク」(11日、メットライフドーム)

 ソフトバンクが3試合連続で一回に先制した。

 二死一、二塁から5番の中村晃が西武十亀の外角シュートを上手く拾って、センター前へ運ぶ適時打を放った。

 試合前に工藤監督は「昨日までと同様に最初からいけるように、選手たちには準備をしてもらう」と話していたが、まさに指揮官の思惑どおりの先制攻撃となった。