◆W杯アジア2次予選 日本 6―0 モンゴル(10日・埼玉スタジアム)

 モンゴル出身で大相撲の元横綱・朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏(39)が日本戦を観戦。最後までVIP席から見届け「感動した」と振り返った。日本を横綱、モンゴルを十両や幕下で例え「日本とW杯予選で対戦できるだけで、夢のような話。勝ち負けは関係ないし、彼らはヒーロー。歴史的な日」と声を弾ませた。来年3月のモンゴルでの対戦に向けては「マイナス30度になるが、ドーム式のスタジアムはないので心配。日本選手は風邪ひかないようにしておいた方が良いと思う」と笑った。

 「サッカーやって犯罪者のように扱われたのはオレだけ」と07年に巡業の休場中にモンゴルでサッカーに興じていた現役時代の騒動にも触れつつ「サッカーとは縁がある。若者の夢のため、代表に選ばれるような選手を作りたい」とオーナーとして母国にサッカークラブを設立する考えも口にした。