日本サッカー協会は10日、都内のJFAハウスで緊急の技術委員会を開き、パワハラ問題で辞任した湘南の曹貴裁前監督が保持する指導者S級ライセンスについて審議した。

 技術委は指導者ライセンスを管理する部門で、今回の事案がライセンス保持者として適当か、11月上旬に開かれる次回の委員会までに判断する。不適格と判断されれば、資格停止などの処置がとられる。関塚隆委員長は「Jリーグの処分が出たので(委員に)集まってもらった。しっかりとした手順を踏んで、発表できるようになったら話します」とした。