楽天・平石洋介監督(39)は10日、1年の任期限り、今季で監督を退任することを明かした。この日は球団事務所で午後1時過ぎから約1時間半、石井一久GM(46)と会談。平石監督は「来年の監督のオファーはないと。別のポジションのオファーはしていただきましたけどね」と淡々とした口調で語った。

 平石監督は昨年6月から監督代行を務めた。今季は、松坂世代で初めて監督に就任。開幕直後は則本昂、岸の2枚看板が離脱する苦しい状況だったが、6月中旬には貯金10で首位に立った。先発陣では石橋や新人の弓削ら若手を積極的に起用。選手との対話を重んじ、ナインからの信頼も厚かった。昨季は最下位だったチームを立て直し、3位で2年ぶりのCSに進出も、第1Sでソフトバンクに1勝2敗で敗れ最終S進出を逃した。

 石井GMは「将来的にどんなポジションだろうと、チームの組織で指導者としてやっていただきたい」と、新設する「2軍統括」への就任をオファーしたが、この日の回答は保留。「オファーをいただいたことは感謝しています」と語った。

 生え抜きの選手が指揮官を務めたのは球団史上初めてだ。楽天一筋でチームを支えてきたその手腕を、評価する球界関係者も少なくない中、今後どんな決断を下すのか注目される。