巨人・菅野智之投手(30)のCSファイナルSでの登板が回避されることが10日、決まった。宮本投手総合コーチは「昨日、僕のところに来て『すみません。投げられません』と」と申告を受けたことを明かした。

 腰痛でファーム調整を続け、8日に1軍に合流。9日にはブルペン投球を行っていた。同コーチは「見た目は140キロは出ていたと思う。ただ、自分の中でしっくりこない感じがあるのではないか」と本人の意向を尊重する形となった。

 菅野はこの日、ジャイアンツ球場でのファーム練習に合流。今後について同コーチは「本当に状態が良ければフェニックス・リーグで投げて、日本シリーズを目標にやっていく」とし、原監督も「ちょっと目標設定を変えたということですね」と話した。