10月10日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの「パーソル CS パ」ファイナルステージ第2戦は、福岡ソフトバンクが8対6で埼玉西武に勝利した。序盤4イニングで7得点を奪う猛攻を見せ、ファーストステージから続く連勝を4に伸ばした。

 9日の試合に引き続き福岡ソフトバンクが先行する。埼玉西武・今井達也投手 に対し、1回表から2死1,3塁とチャンスを演出。シリーズ初の5番起用となった中村晃選手が右方向に見事な適時打を放って1点を先制する。続く2回表にも1死1,3塁から牧原大成選手が犠飛を放って1点を追加し、スコアを2対0とした。

 そして、序盤にして早くも福岡ソフトバンクが試合を決めにかかる。3回表、先頭の柳田悠岐選手が二塁打を放ち、続くデスパイネ選手の適時二塁打で簡単に3点目を奪うと、ここから打線が爆発。中村晃選手の右翼席に飛び込む1号2ランと、高谷裕亮選手の適時二塁打でさらに3点を加え、リードを6点に広げた。続く4回表にも内川聖一選手の適時打が飛び出し、7対0の大量リードとなった。

 しかし、埼玉西武もこのままでは終わらない。4回裏、ここまで無得点に抑え込まれていた福岡ソフトバンク・武田翔太投手から、外崎修汰選手が1号ソロを放って1点を返す。続く5回裏には1死1,2塁から源田壮亮選手の適時打と森友哉選手の犠飛で2点、2死3塁から中村剛也選手の適時二塁打でさらに1点を加え、点差を3点とした。

 6回表、福岡ソフトバンクの6番・グラシアル選手が2号ソロを左翼席に突き刺し、再び点差を4点とする。ただ、埼玉西武も簡単には流れを断たれない。7回裏に中村剛也選手の内野ゴロの間に5点目を奪うと、続く8回裏には2死2塁から秋山翔吾選手が適時打を放ち、点差を2点に縮めた。

 序盤の大量リードから一転、緊迫した試合展開となった福岡ソフトバンクは、8回2死から守護神・森唯斗投手を起用。回跨ぎをものともせず、埼玉西武打線の反撃をピシャリと抑えた。終盤に追撃を許したものの、早い段階で主導権を握った福岡ソフトバンクが、8対6で勝利した。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発全員安打の猛攻。9日の試合終盤、3イニングで6得点を挙げた好調ぶりを維持し、大量得点につなげた。11日の試合に勝利すれば、一気にシリーズ制覇に王手がかかる。

 

 

 一方の埼玉西武は2試合連続で投手陣が崩壊。今井投手は3回途中6失点で無念の降板となり、「真っすぐも変化球も高く浮いてしまい、森さんの要求どおりに投げられなかった。昨年に続いてクライマックスシリーズの大事な場面で登板の機会をいただいたのに、期待に応えられず申し訳ないです」とコメントした。打線は本来の力を出せているだけに、11日の試合では投手陣が意地を見せたい。 文・吉田貴