<セ・CSファイナルステージ:巨人6-0阪神>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

阪神岩貞祐太投手がプロ初の連投で2回1安打無失点と期待に応えた。

6回から4番手で登板。先頭大城に中前打を許すも後続を断った。7回は1番亀井からの上位打線を3者凡退。前日の好救援に続き、存在感を示した。「勝つしかないんで。そのためにまた体の方を準備して、明日またチーム一丸となって戦いたい。疲れもないですし、何連投になっても気力で勝つという気持ち」と力強く話した。