日本相撲協会は10日、都内のホテルで「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第3回会合を開き、プロ野球・ソフトバンクの王貞治会長らが出席した。

 約2時間の会議では大相撲の多国籍化を見据え、先行する柔道と剣道をモデルケースにルールの変遷などが話し合われた。

 山内昌之委員長(東大名誉教授)は「欧米基準のスポーツが多い中で、相撲は日本の伝統、様式美を大事にする」と指摘。次回はさらに議論を深めるために柔道、剣道界から著名人を招くプランもある。

 また、会議メンバーからは三役以上の力士が本名以外のしこ名で土俵に上がることを期待する意見も出た。

 さらに、付け人への2度目の暴力で十両・貴ノ富士(千賀ノ浦)が自主引退を促されている問題で、同委員長は「兄弟子は土俵を離れれば、弟弟子をいたわり、思いやりを持たなければならない。まず被害者の将来を協会は守らなければならない。(処分へ)厳しい意見も出た」と明かした。