大相撲の秋巡業が10日、千葉市で行われ、横綱・白鵬(34)=宮城野=が、秋場所Vの関脇・御嶽海(26)=出羽海=と10番相撲を取って9勝1敗と圧倒した。

 この日はラグビーW杯で来日中のフランス代表コーチ陣らが巡業を視察。チーム関係者によると、「相撲からタックルのヒントを得たい」と熱望され、実現したという。同国次期代表監督も訪れた。白鵬が立ち合いで175キロの御嶽海を組み止め、前まわしを引いて一気に寄り切る取り口に熱視線。1階イス席に陣取り、感嘆の声も上がっていた。

 朝稽古後に記念撮影に応じた白鵬は「我々(力士)の重さにスピードが合わされば、とんでもないチームになる」とエール。御嶽海も「(フランスの)ラグビー選手がすり足とかやるのかな?」と興味津々だった。