<セ・CSファイナルステージ:巨人6-0阪神>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

阪神は5回に3番手で登板した島本浩也投手は、機動力にかき乱されて2失点を喫した。

1死から二塁打と四球で1死一、二塁のピンチ。3番丸への初球に重盗を許した。「(投球動作が)同じタイミングになってしまって、狙われました」。そこから犠飛と適時打を許し、リードを広げられた。「(流れを)止められなかったので悔しい。今日打たれたので、明日は絶対に抑えたい」と気持ちを切り替えた。