<セ・CSファイナルステージ:巨人6-0阪神>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

絶好調の巨人岡本和真内野手が、2試合連続打点となる適時打で中押し点を挙げた。4点リードの5回2死二塁、阪神島本のフォークボールを右前へはじき返した。

2戦連続のマルチ安打でCSの打率を5割とし「いい形で打てているので、継続していけるように頑張りたい」と汗をぬぐった。