◆2019 セノン クライマックスシリーズ・セ 最終ステージ第2戦 巨人6―0阪神(10日・東京ドーム)

 阪神は投打に圧倒されて連敗を喫し、巨人のアドバンテージの1勝を含めて崖っぷちにたたされた。

 過去6戦4敗、防御率1・02と天敵の左腕・メルセデスに、この日も大苦戦。直球、変化球とも低めにコントロールされた助っ人左腕から、得点を挙げることは出来なかった。

 投手陣も、先発の高橋遥を2回1失点で諦めて積極的な継投に出たが、ガルシアが4回にゲレーロに2ランを被弾。5回も島本が2失点するなど、相手打線の勢いにのみ込まれた。

 矢野監督は「あしたも全員で、この土俵際ギリギリのところから、もううちは4連勝しかないんで」とナインの奮起に期待。11日の第3戦に先発する青柳には「思い切っていってくれたらいいんじゃない。勝負やねんから、どんどん攻めていくしかないし」と期待を寄せた。