<セ・CSファイナルステージ:巨人6-0阪神>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

リーグ優勝の巨人が3位阪神に連勝。アドバンテージを含め3勝目を挙げ日本シリーズ進出へ王手をかけた。野球評論家の西本聖氏に試合のポイントなどを聞いた。

-6-0で巨人が快勝した

西本氏 巨人メルセデスのピッチングに尽きる。今年一番くらいの出来ではなかったか。リズム、制球ともに良く無四球。ここという勝負どころでのコントロールが素晴らしくて安心して見ていられた。逆に阪神は勝負どころで痛い制球ミスを繰り返した。ゲレーロに浴びた一発がそう。ここという場面での制球力。その差が試合の結果となって表れた。

-5回に重盗を絡めて奪った2点も見事だった

西本氏 一、二塁から二塁走者の亀井と一塁走者の坂本が鮮やかにダブルスチールを決めた。さすが原監督と言うしかない。ゲームの流れを読み、相手のスキを突く。丸の犠飛、岡本のタイムリーが出て試合を決めてしまった。

-阪神は後がなくなった

西本氏 巨人の打者に気持ち良くスイングさせ過ぎている。ただこのままでは終われないだろう。ファンのためにも意地を見せてもらいたい。