「セCSファイナルS・第2戦、巨人6-0阪神」(10日、東京ドーム)

 巨人が走攻守で阪神を圧倒。アドバンテージを含めて3勝0敗とし、日本シリーズ進出に王手をかけた。

 王者の野球を見せつけた。阪神に大ダメージを与えたのは3点リードの五回。1死から亀井がこの試合3安打目となる右中間二塁打。坂本勇は四球で一、二塁とし、打席には丸を迎えた。

 ここで左腕の島本が投じた初球に、亀井と坂本勇がスタート。意表を突くダブルスチールを成功させ、好機を拡大した。この絶好機に丸は左犠飛。さらに岡本も適時打を放ち、リードを広げた。

 亀井は遊撃の位置を確認しながら十分な第一リードを取り、島本のモーションを盗んだ。捕手の梅野が三塁に投げられないほど、完璧な走塁。原監督も「そうですね。チャンスがあったというところで、それを見逃さなかったというところですね」と、満足げにうなずいた。

 王手をかけた第3戦はルーキーの戸郷が先発する。指揮官は「かなりいいピッチングをしてくれると思います。公式戦でも2試合、紅白戦でもいいピッチングをした。しっかりいい形で送り出したい」と、自信を口にした。