◆2019 パーソル クライマックスシリーズ・パ 最終ステージ第2戦 西武―ソフトバンク(10日・メットライフドーム)

 初戦は逆転負けで1勝1敗(アドバンテージの1勝含む)のタイに並ばれた西武は、2戦目も苦しい展開となった。

 初回に先発・今井が中村晃の右前適時打で先取点を献上。2回も牧原に右犠飛を浴びて追加点。3回にはデスパイネに右中間フェンス直撃の適時二塁打、中村晃に2ランを被弾するなど4点を失って降板。3回途中67球で7安打6失点でKOされ、ぼう然とした表情でマウンドを降りた。

 4回には2番手・佐野が内川に適時打を浴びて7点差に広げられたが、直後の4回裏に外崎がこの日チーム初安打となる本塁打を左翼席に運んで反撃スタート。外崎は初戦でも2安打2打点と活躍を見せていた。