<パ・CSファイナルステージ:西武6-8ソフトバンク>◇第2戦◇10日◇メットライフドーム

ソフトバンク高谷裕亮捕手が4回の守備で首を痛め、途中交代した。

4回2死、西武メヒアの高く上がった邪飛を追い、ベンチ付近の棚に右の首からぶつかり、出血。ベンチに戻り、そのまま甲斐と交代した。

この日、CS5戦目で初めて9番でスタメン出場。2回の1打席目で左前安打、3回には右中間へ適時二塁打を放つなどバットでも活躍。「何とか次につなぐ気持ちでいきました。打ててよかったし、みんなのいい流れに乗り遅れないでよかった」と話していたが、思わぬアクシデントとなった。