「セCSファイナルS・第2戦、巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

 巨人の岡本和真内野手が中押し適時打を放ち、突き放した。

 3点リードの五回。丸の左犠飛で1点を追加。さらに2死二塁で島本のフォークを右前へはじき返し、二塁走者の坂本勇が生還した。

 今CSは第1戦に続き2試合連続マルチ安打と4番の働きをする。CS開催前「ジャイアンツの4番だから、期待しています」と活躍を願った原監督も手をたたいて喜んだ。