「セCSファイナルS・第2戦、巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

 巨人が機動力で阪神を揺さぶった。

 3点リードの五回、1死から亀井がこの試合3安打目となる右中間二塁打。坂本勇は四球で一、二塁とし、打席には丸を迎えた。ここで左腕の島本が投じた初球に、亀井と坂本勇がスタート。意表を突くダブルスチールを成功させ、好機を拡大した。

 この絶好機に丸は左犠飛。さらに岡本も適時打を放ち、5-0とした。