◆ナ・リーグ地区シリーズ ドジャース3―7ナショナルズ(9日=ロサンゼルス、ドジャー・スタジアム)

 ナ・リーグの地区シリーズ第5戦が、ロサンゼルスで行われ、ナショナルズがドジャースを延長10回の末に7―3で下して3勝2敗に。ワシントン移転後初となるリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。ドジャース・前田健太投手(31)は同点に追い付かれた直後の8回無死から3番手として登板。打者3人すべて三振と好投したが、地区シリーズ突破はならなかった。

 

 圧巻の救援登板も実らず、悲願の世界一の夢はまたも霧散した。7回からリリーフしたエース左腕のカーショーが8回、レンドンとソトに連続被弾し、同点とされたところで降板。本拠地には重苦しい空気が漂ったが、後を受けた前田がケンドリック、ジマーマンを連続三振。続くゴームスも外角のスライダーで空振り三振に仕留め「自分のできる精一杯の投球ができた」。雄たけびを上げて意気揚々とベンチへと引き揚げた。

 ただ前田がこの回限りで降板すると、チームは延長10回に4番手ケリーがケンドリックに決勝の満塁弾を浴びて終戦。ベンチから敗戦の瞬間を見届けた前田も「悔しいですね。ワールドチャンピオンを目指してみんなで頑張ってきましたし、ここで負けるっていうのはチームとしてすごく悔しい」と唇をかんだ。

 前田はプレーオフで4試合に救援登板して4回2/3を1安打無失点と安定した投球を披露。頼れる中継ぎとして十分に存在感を示し「プレッシャーがある中でしっかり自分の力を出せたということが良かった。こういう追い込まれた状況で力を出せるっていうのは自分の強み。自分の出せる力はすべて出せた」。大舞台で見せた自身の勝負強さに胸を張った。

 メジャー4年目となった今季は、チーム事情によって9月以降は救援に回ったが、2年ぶりの2ケタとなる10勝をマークし、「一年一年成長できていると思うし、毎年違う手応えを感じることができている」。被打率は過去4年でベストとなる2割2厘を記録。「左バッターに対して改善するところも明確には見えているし、右バッターにも圧倒的に良くなった。今年はスライダーがいい時に戻せた感覚がある。年々、自信を持てる部分が増えてきているのはいいこと。来年勝てるように、成長できるようにオフシーズンをしっかり過ごしたい」と来季の更なる飛躍を誓った。(穐村 賢通信員)