JRAは10月10日、ジャパンC・G1(11月24日、東京競馬場・芝2400メートル)とチャンピオンズC・G1(12月1日、中京競馬場・ダート1800メートル)の2競走に予備登録した外国馬を発表した。

 ジャパンCは、今年の英ダービーを制したアイルランドのアンソニーヴァンダイク(牡3歳、Aオブライエン厩舎)など27頭がエントリー。チャンピオンズCは、今年のサンタアニタダービーを制した米国のロードスター(牡3歳、Bバファート厩舎)など9頭が登録した。

 全登録馬は以下の通り。

 ▼ジャパンC(27頭) アンソニーヴァンダイク、ハンティングホーン、キューガーデンズ、マジカル、マジックワンド、サードラゴネット、タルナワ(以上アイルランド)、ガイヤース、ゴールドマウント、ピヴォワン、プリンスオブアラン、レッドヴァードン(以上イギリス)、グランドグローリー(フランス)、アルーナク(ドイツ)、アークロウ、チャンネルメイカー、サドラーズジョイ、ティズアスラム(以上アメリカ)、アヴィリオス、ビッグデューク、フィンシュ、ゲイローチョップ、キングズウィルドリーム、ムスタジアー、ミスティクジャーニー、レッドカーディナル、トルセドー(オーストラリア)

 ▼チャンピオンズC(9頭) アンバサドリアル(イギリス)、ドラフトピック、ギフトボックス、ハイヤーパワー、インプロバブル、モンゴリアングルーム、ムーチョグスト、オマハビーチ、ロードスター(以上アメリカ)