J1ジュビロ磐田MF藤川虎太朗(21)が9日、好調をアピールした。磐田市内で行われた調整に参加。11対11の実戦練習に主力組の2トップで出場すると、MF山本康裕(29)の落としから左足で決めた。前節のホーム横浜戦でJ1初先発を飾った若武者は「モチベーション高くできている」と19日のホーム鳥栖戦(ヤマハ)に向け、軽快に約2時間のメニューを消化した。

成長した姿を見せる。敵将の金明輝監督(38)には、鳥栖U-15に所属していた中学時代にコーチとして指導を受けた。高卒3年目。最下位に沈むチームにとっても、J1残留へ絶対に落とせない一戦で“再会”が実現する。藤川は「自分が良いパフォーマンスを見せれば、チームのためにもなる。成長した姿を見せたい」と燃える。

11日には、松本との練習試合が予定されている。藤川は無得点に終わった横浜戦を振り返り、「前線の動きだしが少なかった」と反省。「100%の力でプレーして、練習試合からゴールへの良いイメージを作っていきたい」と力を込めた。次はチームを勝利に導くJ1初ゴールを目指し、最善の準備を整えていく。【前田和哉】