広島・会沢翼捕手が(31)が10日、今季取得した国内FAの権利を行使せず、広島残留を表明した。

 「私、会沢翼はFA権を行使せず、広島に残留することを決めました。佐々岡新監督の下、チームのため頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」。

 残留の決め手は広島愛。球団の熱意はもちろん、家族の後押し、チームメートの存在、そして何よりもファンの声援が大きかった。球団には残留を求める手紙が届いたと言い、「ファンのみなさんには手紙もたくさん…」と感謝を述べようとすると、思わず言葉に詰まった。「熱い声援もしてくれると思います。またファンの皆さんと一緒に喜びを分かち合えるよう必死になって頑張っていきたい」と決意を示した。