今年の2歳牡馬戦線で注目を集めているアルジャンナ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)が次戦で東京スポーツ杯2歳S・G3(11月16日、東京・芝1800メートル)へ向かうことが10日までに決まった。引き続き、川田将雅騎手(33)=栗東・フリー=が手綱を執る。

 同馬は母に米G1勝ち馬を持ち、栗東での調教でも注目を集めていた血統馬。9月8日の阪神・芝2000メートルの新馬戦では2着に1馬身1/4差だったが、全くの馬なりで楽勝している。現在は滋賀・ノーザンファームしがらきに放牧中。池江泰寿調教師は「初戦は熱中症気味で持てる能力を発揮できなかったが、馬はまだ良くなっていると思う」と説明した。

 同レースはクラシックの登竜門と言われ、今年は新馬、スポーツ報知杯中京2歳Sを勝ったラインベック(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎)が参戦する予定になっている。